Kaleidscopic Gallery Scene

早川剛展
2005年11月28日(月)-12月3日(土)



LIVE & Moris
東京都中央区銀座8-10-7 東成ビルB1F TEL 03-5537-002312:00-19:30 http://artlive.cool.ne.jp


1976年 東京都に生まれる
1995年 本郷高校 デザイン科 卒業
1998年 多摩美術公募展 佳作
1999年 多摩総合美術展 入選 ・臥龍桜日本画大賞展 入選
2000年 武蔵野美術学園 日本画科 卒業
2001年 新生展 入選 ・日展 入選
2002年 川端龍子賞展 入選 ・欧美国際公募「2002スペイン賞展」
      入選 ・雪梁舎フィレンツェ賞展 入選・ 日展 入選
2003年 臥龍桜日本画大賞展 入選 ・第9回インターネット国際アートコンテスト 優秀賞
2004年 「日本画の100」展(石田大成社ホール/京都)・日展 入選
2005年 「若き画家たちからのメッセージ2005」展(すどう美術館/銀座)・映画「同じ月を見ている」絵画制作

早川剛HP http://www.asahi-net.or.jp/%7Efr3g-hykw/index.html


絵を描く事は自分にとって感情表現。 何か言葉に出来ない感情や、常に自分の中で渦巻いてる感情を作品に対してぶつけたい、今の自分のすべてを画面にぶつけたい、 そんな事を感じながら制作しています。


・・・プロフィールに映画「同じ月を見ている」絵画制作と書いてありますが?

他にも何点か描いたんですけれど、今回展示している中ではこの作品だけです。登場人物の一人が絵を描くのが得意という設定なので、その登場人物が描いた作品として使われています。

・・・ネットで制作過程も公開(http://www.asahi-net.or.jp/~fr3g-hykw/katei/onazituki/17katei.html)されていましたね。

制作過程はいつも載せているんですが、映画で使用された作品は、当然スタッフの人に、その都度画像をメールして、相談しながら描いていったので、他のモノとは違った感じになってますね。

・・・制作過程を公開(http://www.asahi-net.or.jp/~fr3g-hykw/katei/katei.html)し始めたきっかけは?

単純に更新頻度をあげたいというのと、途中段階を見た上での反応や意見が知りたかったからです。それと描きながらリアルタイムで更新しているので、そこから逃げられないというか、覚悟を決めて描く事が出来る、そういう気持ちもありました。サイトを立ち上げてすぐに始めたので、もう5年ぐらい続けています。

・・・いつも描いてる部屋はどのくらいの広さなんですか?

5畳の部屋で描いてます。今回の展示作品の中で一番大きな作品(364cm x 182cm)は、部屋の中だと1枚に拡げて見る事が不可能なので、デジカメで撮影してパソコンで見たり、外に出して確認しながらの制作でした。ですから生で全貌を、まともに見たのは展示してからなんです。なんとかなってて正直ホッとしました。

・・・今までは人物を描かれていたのではないですか。

人物を描くことに、どんづまりを感じてたんです。以前から抽象的な作品を描いてみたいと思っていたんですけれど、人物を描いていることに対してのこだわりがあり、なかなか踏み込めなかったんです。そう思っている時に映画の話が来ました。制作サイドからは人物ではなく「炎や月」を描いてほしいというオファーだったので、人物以外のモチーフで描くいいきっかけになってくれたと感じています。またオファーの内容も、制作側が描いてほしいものと、自分が今まで描いていたものと、合致している部分があったので引き受ける事ができました。

 

・・・合致している部分というのは?

以前の作品というのは、人物画の背景に、黄色い大きな円(月につながります)があったり、暖色系を用いて(炎につながります)描いていることが多かったんです。ですから、向こうのオファーと自分の作品の図式がリンクしている部分があったんです。それにストーリーの設定上ですが、登場人物がいつもは人のために描いていた作品を、色々な葛藤があることで自分の内面を絵にさらけ出す。そういう感じの作品でしたので、もともと自分は、内側から出てくる感情みたいなものを表現したい気持ちがありますので、そういう意味でも合致したという感じですね。

・・・作品から受ける印象は「炎」というよりも溶岩が噴出している感じですね。

制作サイドからも「山火事というより、溶岩ですね」と、言われました(笑)。

・・・作品を通して表現したいことは?

基本的に見る人を圧倒したいという気持ちが強いので、パワーのある、軽く後ずさりしたくなるような、存在感のあるものを描きたいという気持ちがあります。それは昔からずっと思っていたことです。人物を描いていた時もそう思っていましたし、今もその気持ちは変わりません。自分が描きたいのは「明るく楽しく絵」ではなく、普段はあまり人に見せたくないような、自分の内面を表現したモノなので、描いてる最中は「楽しい」という感覚より、むしろ「苦しい」という事の方が圧倒的に多いですね。

・・・絵具は、岩絵具。支持体は板ですか。

ええ。ただ今回の個展に展示してある作品はアクリル絵具を使っているモノもあります。岩絵具をなぜ使っているかというと、マットな質感が好きだからなんです。でも普通に使っていると水っぽい感じになってしまうので、膠ではなくメディウムを使っています。絵具は所詮道具だと思っているので、こだわりはあまりありません。基本的には「何を伝えたいか」だと思いますから。だから今後は、その時の状況や気分で使い分けていこうと思います。それと支持体に木製パネルや杉板を使うのは削ったりも出来るからなんです。かなり乱暴に絵具をつけたりもするので、紙では裂けてしまうんじゃないかって正直怖くて。支持体や絵の具に関してはこれからも色々試していこうと考えてます。

・・・作品タイトルを「untitled」にした理由を教えてください。

観てくれる人に自由に想像してもらいたいからです。それに今までタイトルに使ってた葛藤だとか覚悟とかいうと、一般の人からは難しいと言われてしまうから。絵に興味のない人たちにも見てもらいたい思いがあるので。

・・・変な質問ですけど、好きな作家はいますか。

横山操が好きです。初期の頃の迫力のある大画面が好きです。後期の水墨はあまりいいとは感じません。

・・・そうするとこれからの展開は。

しばらくは抽象を描くつもりですが、そのうちまた人物を描いていきたいと思ってます。迫力や圧倒するような力を、人物をモチーフにして表現できればと思っています。それができるようになったら、その時に次はどうしていこうかと考えていけばいいかなと思ってます。描きながら考えるタイプなので、長期的に作品を描き続けながら自分が「何を今描きたいのか。訴えたいのか。それをどうすれば絵を通して伝えられるのか」を考えていきたいと思っています。

(c)HAYAKAWA GOU


このページについて