森野眞弓 展

2007年1月8日 〜 1月19日

10:30-18:30 日・祝休

ギャルリーヴィヴァン

東京都中央区銀座6-8-3 尾張町ビル5F

tel:03-3574-6725

--関連情報--

ヒートグラフの技法は銅版画の腐蝕(エッチング)という物質の変容からヒントを得た方法です。
 私にとって版画とは、単に一瞬にして紙のうえに刷りとられるイメージではなく、
版を制作する過程で積みあげられたり、消去させられたりする物質との戦いの痕跡や時間こそが表現になるのだ、と考えています。
 フェルトという素材は、紙に似た構造と質感をもっています。
また同時に、蜜ロウに火をつけてじりじりとフェルトを焼き焦がしてゆくことで、
銅板が腐蝕してゆくのと同じような版的な痕跡が重層的に記憶される装置となります。

   

(c)森野眞弓